カテゴリ:マクロビオティック( 4 )

6月の講座

先日の穀菜食講座は
一日目に「梅を使ったお手当て」、二日目に「夏野菜の調理の仕方」を行いました。

お手当ては、
 ・梅しょう番茶
 ・大根おろし入り梅しょう番茶
 ・くず入り梅しょう番茶
 ・梅肉エキス
 ・梅干の黒焼き入りくず練り
をしました。
e0134907_16473928.jpg
e0134907_16471797.jpg

前回の番茶のお手当て講座でも「梅しょう番茶」は作りましたが、
そのときに「梅しょう番茶」がキツイと感じた方が、(この間にお手当て食をされた効果もあったためか)今回は美味しいと感じたり
二日間「梅しょう番茶」をしっかり飲まれた方が、普段100以下の血圧が120になっていたりと
お手当て後の感想が聞けて、とてもうれしかったです。
e0134907_11060412.jpg
一日目の軽食は、
 ・玄米おむすび
 (贅沢にも、一慧先生に全員分にぎってもらいました053.gif幸せ~!)
 ・お手当てで余った大根のお味噌汁
 ・きゅうりの塩もみ
 ・果物(ジューンブライド)
でした。

これも、お手当てに梅を沢山取り入れて締まり気味の体をゆるめるように、
漬物は”たくあん”ではなく”浅漬け”にしたり、果物を添えています。

お料理教室の方では、
 ・ズッキーニ
 ・新たまねぎ
 ・きゅうり
 ・えんどう(参加者さまの差し入れ♡)
 ・まだけ(参加者さまの差し入れ♡)
などなど陰性なお野菜が多いですが、
夏場でも陰性に傾きすぎないように調和させるのが穀物菜食の調理です♬
e0134907_11044330.jpg
すべてにおいて調和を大事にする、これがマクロビオティック・穀物菜食の基本です056.gif

7月はおさらい会をする予定です。
詳細が決まりましたら、ご案内いたしますね♬

いつもありがとうございます040.gif
感謝を込めて♡

Kumagera・・・・・・ Peace of I








[PR]
by fuku-kumagera | 2016-07-01 11:19 | マクロビオティック | Comments(0)

3月の講座①・・・・・番茶のお手当て

3月23日、24日と大森一慧先生をお招きしての穀菜食講座がありました。

お手当て講座は番茶手当てを一通り!

 ・三年番茶「薪火寒茶」と「熟成三年番茶」の二種類
 ・しょうゆ番茶
 ・第一大根湯
 ・梅しょう番茶
 ・大根おろし入り梅しょう番茶
 ・くず入り梅しょう番茶
 ・塩番茶(内用、外用←洗眼はせずにお話だけ)
 ・ゴマ塩番茶


なかなかこれだけを一気に学ぶことはないので、とても貴重な体験でした。

何より驚いたのは、丁寧にきちんと作るととてもやさしい味がする!ということです。
いつも家族に作ってあげていたときは、もっと雑に作っていたなと深く反省・・・002.gif

お料理もお手当ても、おしつけではなくて陰陽の調和(食す人の体調体質に合わせる)ということなのでしょうね。001.gif

そして、講座のあとに体調が変わった!と体感された方が多く、即効性にもびっくり。
(個人差もありますし、お手当ての順番にもよります。)

写真はお昼ごはんです♡
e0134907_17193739.jpg

とうなの炒め物、お味噌汁、おじや、玄米です。
玄米もとっても美味しく炊けました~016.gif

次回はお料理編をアップしますね~。


いつもありがとうございます。001.gif
Kumagera ・・・・・Peace of I
[PR]
by fuku-kumagera | 2016-03-25 17:22 | マクロビオティック | Comments(0)

2月の講座はれんこんづくしでした♪

先週は、一慧先生をお招きしての穀菜食講座を二日間にわたって行いました。001.gif

一日目はお手当て講座で、この時期に多い呼吸器疾患対策ということで、呼吸器のお手当てを学びました。

れんこんを使う呼吸器のお手当てを一通り作って、飲み比べをしました!006.gif

(陰性な順から)
① 生れんこん湯(しょうれんこんとう)の生バージョン
② 生れんこん湯(しょうれんこんとう)の熱湯バージョン
③ れんこん湯(れんこんとう)
④ 第一大根湯Ⅱ
⑤ コーレンの水だけ
⑥ コーレンのくず練り

★(れんこんは使用しないのですが)キンカンの葉の煎じ汁も作ってみました♪

同じれんこんでも、れんこんのどの部位を使うのか、また、おろしなのか、絞り汁なのか、粉なのか、温めるのか、生なのか、によってこんなにも違う!というのがはっきりと体感できました。

コーレンもメーカーによっていろいろな種類が出ていますが、今回はオーサワさんの「節蓮根入りコーレン」を使用させていただきました。
基本のコーレン(分量のお水と混ぜてさっと煮る)を作りましたが、コーレンとお水だけなのに、けっこう美味しかったです♪

そして、4つの体質や陰陽の特徴などの講義もしていただきました。▽△

せきにはれんこん!ですが
症状によってお手当てを変えるのはなぜなのか、この症状にはこれが効くのはなぜなのか、といった理論の方も合わせての実践講義だったので、充実した講義内容でした。

二日目は、旬の野菜でもあるれんこんを使ったお料理と、基本の玄米の炊き方を教わりました。

玄米は、土鍋圧力鍋を二つ炊き比べしてみました。
e0134907_12204596.jpg

写真は土鍋で炊いた玄米です。

人それぞれの体質、活動量が違うので、一概にこれが一番いい!という炊き方はないので、
自分や家族が今、あっさり炊いた方が美味しく感じるのか、それとも、もっちり炊いた方が美味しく感じるのか、何度か調整してみる必要がありますよね。

それも浸水時間やお鍋の種類でも違うので、ぴったり合う炊き方を見つけるまで、調理する側の立場としては研究のしがいがあるところです!006.gif

お料理教室の方では、あらためて基本食の大切さ、玄米の生命力を学びました001.gif

今週の金曜日は玄米の炊き方のおさらい会をします♪

ご興味のある方は事前にご連絡お待ちしております。040.gif






愛と感謝をこめて053.gif
Kumagera・・・・・・・・Peace of I
[PR]
by fuku-kumagera | 2016-02-29 15:25 | マクロビオティック | Comments(0)

玄米クリームの作り方

先日の講座で大森一慧先生に教わった玄米クリームの作り方を一部ご紹介いたします。

体調の悪いときや赤ちゃんの離乳食にと大変消化のよい玄米クリーム。

レトルトの市販品も、非常食にもなりますし、一家に一つ常備しておいてもいいと思うほどの優れもの。

でも、本当に重病な方には、是非、手作りの玄米クリームを。

普通に炊く場合よりも、丁寧に丁寧に玄米を選別します。
e0134907_17254657.jpg


まずは炒り玄米を作りますが、
上手に炒るとこのようなかんじに、表面がキツネ色で、芯は白くなります。
e0134907_17265428.jpg


こちらは失敗例・・・焦げすぎ、ひらきすぎ007.gif
e0134907_17272286.jpg

e0134907_17273528.jpg


上手に炒れた玄米は、カリっ、サクっとして、香ばしくて美味しいです♫

これを、できれば4時間炊いて
殺菌消毒した絞り袋に入れて、こします。
e0134907_17335115.jpg

この、こす作業が一番大変ですが008.gif
袋をいくつか作っておいて、家族に協力してもらってみんなで
大切な玄米クリームが必要な方のためにこす作業ができるとありがたいですね016.gif

そして、鍋に戻して煮詰めれば完成です。

必要とされている方に、真心が届きますように・・・053.gif



いつもありがとうございます。
Kumagera・・・・・・Peace of I
[PR]
by fuku-kumagera | 2016-02-08 17:39 | マクロビオティック | Comments(0)

《ナチュラルショップくまげら》のスタッフ日誌


by fuku-kumagera
プロフィールを見る
画像一覧